2017.12.25

辛味噌を使用した焼き鳥のレシピのご紹介

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/3988118

 

辛味噌を使用した焼き鳥のレシピのご紹介

 

 

レシピ検討所要時間:3分

 

 

辛味噌は、その辛味成分が食欲をそそり立ててくれます。脂身の少ないヘルシーな鶏肉を使用して、美味しい東松山風焼き鳥をご紹介します。とても美味しく、ご自宅でも簡単にできる料理ですので、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

東松山風やきとりのご紹介

 

東松山風やきとりは、お肉として鶏肉を使用しても良いですし、豚かしら肉を使用してもOKです。鶏肉にはタンパク質やコラーゲンが豊富に含まれています。タンパク質は命の材料とも言われていて、内臓を育て血液を作ってくれます。細胞を修復する働きやホルモンや骨を作る働きもあり、人間には欠かせないものです。コラーゲンについては美肌効果があることで有名ですね。その他にも、若返り作用もあります。豚かしら肉についても、低カロリーなうえ、コラーゲンやカルシウムを多く含んでいます。ビタミンも含んでいて疲労回復が見込めます。今回のレシピで主役となる辛味噌についても、豊富にイソフラボンが含まれていて、美容に効果があるとされています。

 

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/3988118

材料のご紹介

 

では材料をを紹介していきましょう。最初に焼き鳥に使用するお肉を用意します。10本分であると200グラムくらいが適量です。お肉には、塩胡椒を少々振り、サラダ油を少し垂らしておきます。長ネギもあると焼き鳥に彩りを添えてくれます。

 

タレの材料としては、あわせ味噌を大さじ4程度、みりんを大さじ2、醤油を大さじ1,おろしたニンニクを大さじ1、豆板醤を大さじ1,すりごまと一味唐辛子を少々用意します。

 

もし、お子様に食べさせる場合は、豆板醤を抜いておいた方が食べやすいかもしれません。お肉は脂身が少ないものを選ぶと良いでしょう。材料はこれだけですので、急な来客などでお酒のおつまみが欲しい時にもすぐに作ることができて覚えておくと得する料理です。

 

作り方のご紹介

 

まず最初に辛味噌を作ります。先ほど紹介した材料をボールに入れてかき混ぜます。お肉については、一口大に切りネギと一緒にクシ刺しを行います。この時には、一串にお肉が3つ・ネギが2本程度にしておくとバランスが良いです。

 

串刺しが終わったら、塩胡椒を軽く振ります。焼き鳥を焼く時には、グリルを使用しますがグリルの網にお肉が張り付かないようにサラダオイルを塗っておくことがポイントです。

 

次に、焦げないように気をつけながら、グリルにて20分程度じっくりと焼きます。焼き上がったら、お皿に盛り付け、辛味噌を横に添えてつけながら食べます。

 

既製の本格辛味噌を使う場合は是非!当店オリジナル「辛辛味噌」をお試しください!

 

程よい辛味が御飯を進めてくれる

 

辛味噌を使用した東松山風やきとりは、適度な辛味があり御飯がとっても進みます。また、この味はビールにも良く合い、お酒のおつまみとしても通用します。コラーゲンが豊富に含まれた東松山風やきとりは、美容効果を期待する人にもおすすめの料理です。

 

 

【小ロットから対応可能】調味料のOEM生産なら

大阪かわち家公式HP

大阪かわち家

大阪かわち家では、調味料のOEM生産を小ロットから承っております。納得のいくオリジナル調味料を開発していただくためのサンプル品の提案から、商品開発後の販売サポートまで行なっております。また、自社の原料を使用した「辛辛味噌」などオリジナル商品の販売もしています。調味料の事なら何でもご相談ください。

オリジナルの調味料の製造

 

 


Top