2017.12.26

辛味噌の美味しさが堪能できる!簡単にできるしそ巻きレシピ

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4734480

辛味噌の美味しさが堪能できる!簡単にできるしそ巻きレシピ

 

 

レシピ検討所要時間:3分

 

ピリッとした辛味噌をきかせたのが、今回ご紹介するしそ巻きレシピです。しそと辛味噌が同時に味わえるしそ巻きは、忙しいときでもササっと用意できる手軽さも魅力。献立の1品やお酒のおつまみに加えてみてはいかがでしょうか?

 

栄養満点の辛味噌を活用!見た目もオシャレなしそ巻き

 

しそで特製の辛味噌を包み、串に刺して焼いただけというシンプルな料理ながら、思わずほホッとできる優しい味わいが楽しめるのがこちらのしそ巻きです。ベースとなる辛味噌は、日本人にとっても非常に馴染みのある食材。味噌にはカルシウムやカリウム、ビタミンEなどが含まれており、外国人からも注目されている健康食材です。女性にとって特に嬉しいのが、イソフラボンの効果。味噌の原料である大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きを持つことで知られ、女性の美容と健康に効果が期待されている成分です。香り豊かなしそも、ベータカロチンなどのビタミンを含み、アンチエイジングに効果的。しその香りには、気分をリフレッシュする作用があります。

 

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4734480

辛味噌を準備する

 

(材料)

ししとう5本から10本

青唐辛子または一味唐辛子(お好みで)適量

大葉10枚から12枚程度

 

(調味料)

酒大さじ1

砂糖大さじ1

はちみつ大さじ2/1

味噌大さじ1と2/1

 

まずはししとうと青唐辛子を、細かくみじん切りにします。辛いのが苦手な方やお子さんも一緒に食べる場合は、青唐辛子や一味唐辛子は特に入れなくてもかまいません。その場合は、ししとうだけを細かく刻んで使用しましょう。刻んだ材料は、油をひいたフライパンに入れて軽く炒めます。少し炒めたら、フライパンに分量の酒、砂糖、はちみつ、味噌をいれてさらに熱を通します。ししとうや青唐辛子に調味料が馴染めば辛味噌が完成です!こちらの辛味噌は、炒め終わったあとによく冷ましてから大葉で包んでいきます。

 

もし既製品を使う場合は是非!当店オリジナル「辛辛味噌」をお試しください!

 

大葉で辛味噌を包む

 

広げた大葉の葉のほぼ中央に辛味噌を置きます。最初に手前側を内側に折りこみ、左右の端を同様に内側に重ねて全体を丸め、下から楊枝を刺します。1本の楊枝に、3個から4個程度のしそ巻きを刺しましょう。その後、フライパンに油をひいて少し炒めれば出来上がりです!

 

コツ・ポイント

辛味噌は、冷ました状態で包んでいきましょう。しそ巻きの焼き具合は、お好みで加減してください。

 

必要な材料が少なく、短時間で用意ができます

 

ししとうや大葉は、1年中手に入りやすい食材。家庭菜園などで野菜を育てている方であれば、すぐに用意ができるのがこの料理の良さです。調味料の配合を少し工夫すると、その家庭オリジナルの味わいになりますよ。時間がないときのお助けレシピとして、覚えておくと便利です。

 

 

【小ロットから対応可能】調味料のOEM生産なら

大阪かわち家公式HP

大阪かわち家

大阪かわち家では、調味料のOEM生産を小ロットから承っております。納得のいくオリジナル調味料を開発していただくためのサンプル品の提案から、商品開発後の販売サポートまで行なっております。また、自社の原料を使用した「辛辛味噌」などオリジナル商品の販売もしています。調味料の事なら何でもご相談ください。

オリジナルの調味料の製造

 

 


Top