2017.12.15

冬になったら絶対これ!絶品辛味噌鍋レシピ

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4388359

冬になったら絶対これ!絶品辛味噌鍋レシピ

 

 

レシピ検討所要時間:3分

 

寒さが身に染みる冬。そんな季節には、あったか鍋を食べてほかほかしたいものです。なかでもピリ辛のお鍋は、カプサイシン作用も効果を発揮して、特に温まるお鍋。辛味噌を使えば、辛いだけでなくコクもたっぷりでおいしいお鍋ができ上がります。そんなピリ辛辛味噌鍋のレシピをご紹介しましょう。

 

家にあるものでちゃちゃっとてきる!その材料とは?

 

必要な材料はどれもお手軽!

 

(材料)

キムチ300g

鶏がらスープ(粉末)大さじ3

辛味噌適量

にんにく適量

トウバンジャン(あれば)適量

肉500gくらい

豆腐1パック

きのこ類好きなだけ

長ネギ2本

茄子2本

 

辛味噌は当店オリジナル「辛辛味噌」を是非お試しください!

 

鍋つゆに入れるトウバンジャンはお好みで入れてください。甘い味噌なので入れると味がマイルドになり、辛すぎて食べられないという方にはおすすめです。もう少し辛めでもいいなという方は、ラー油を足したり唐辛子をいれるとかなりピリ辛になります。キムチと鶏がらスープのもとはばらで入れなくても、キムチ鍋のもとを使用してもいいです。白菜が欲しい方はキムチを入れてもいいかもしれません。また、肉はなんでもおいしいですが、粗びきのひき肉や豚バラ肉だと特においしくいただけます。野菜は好きなだけ入れましょう。きのこをたくさん入れると、きのこの旨味で風味が増すのでよりおいしいです。

 

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4388359

ほっておいてもできちゃう!簡単レシピ!!

 

レシピはいたって簡単。鍋のいいところはあったまるだけでなく、時間がない時でもぱぱっとできちゃうところですよね。辛味噌鍋のレシピも同様です。まず、野菜類や豆腐を一口サイズに切っていきます。豆腐は小さくなりすぎるとお鍋の中で散らばるので、少し大きめでもいいかもしれません。切ったら、茹でましょう。この時点ではまだ味付けはいりません。肉は切ったら、しおとこしょうで簡単に下味をつけておきます。野菜がくたっとなったところで肉も入れます。お肉はゆですぎると固くなってしまうので、野菜がよく煮えてから入れるとちょうどよくでき上がります。肉に色が付く寸前くらいで鍋つゆの調味料をすべて投入して味付け完了です。キムチもこの時に入れてください。

 

隠し味を入れるとさらにおいしい!

 

このレシピのポイントは鍋に茄子を入れるところ。辛味噌と茄子は相性抜群ですからぜひ試してみてください。鍋ができ上がったら、最後にごま油を小さじ1ほど回しいれると、さらに風味がアップ!香ばしくなって、食欲をそそります。

 

あったかいしヘルシー!

 

冬の鍋は野菜をたくさん食べられるヘルシーレシピでもありますよね。さらに辛味噌のカプサイシンには脂肪燃焼作用と発汗作用があり美容とダイエットにももってこい!身も心も温かくなるだけでなく、ダイエットにも効果的なんて、これは食べない手はありません!

 

 

【小ロットから対応可能】調味料のOEM生産なら

大阪かわち家公式HP

大阪かわち家

大阪かわち家では、調味料のOEM生産を小ロットから承っております。納得のいくオリジナル調味料を開発していただくためのサンプル品の提案から、商品開発後の販売サポートまで行なっております。また、自社の原料を使用した「辛辛味噌」などオリジナル商品の販売もしています。調味料の事なら何でもご相談ください。

オリジナルの調味料の製造

 

 


Top