2017.12.17

ご飯が進む!辛味噌あんかけ丼レシピ| 辛味噌一筋大阪かわち家

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4496599

ご飯が進む!辛味噌あんかけ丼レシピ

 

 

レシピ検討所要時間:3分

 

ご飯に具を乗せる丼物は手早くできてお腹も大満足なお手軽レシピです。お肉も野菜も炭水化物も一気にとれてしまうバランスメニューです。寒い季節はちょっと辛味のある味付けと、とろみをつけた「あんかけ」が体を芯から温めてくれます。

 

豚ニラもやしでスタミナ丼

 

今回は、豚バラ肉とニラと豆もやしで作ります。豚バラ肉とゴマ油の香ばしい香りが食欲をそそります。ニラは免疫力、スタミナをアップさせる野菜として知られています。風邪の予防にも効きます。豆もやしは大豆を発芽させたもので、タンパク質が豊富で食べ応えがあります。なければ普通のもやしでも代用できます。その場合は火の通りが早いので、炒める時間を短くします。

 

材料 (2人前)

豚バラ肉150g(薄切りでも厚切りでも可)

ニラ1束

豆もやし1袋

ごま油 大さじ1

塩胡椒少々

料理酒 大さじ1

片栗粉小さじ1

 

* 合わせだれの材料

コチュジャン 大さじ1

みりん大さじ1

料理酒大さじ1

味噌小さじ2

醤油小さじ1

顆粒だし小さじ1

 

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4496599

作り方は簡単、時短、あっという間

 

1材料をそろえます。豆もやしは洗ってしばらく水にさらしておきます。長ければ半分に切っておきます。ニラは洗って根元部分を切り落とし、5センチくらいの長さに切っておきます。豚バラ肉は一口大に切っておきます。ビニール袋の中で塩胡椒と料理酒を振ってもみ込んでおきます。

 

2合わせダレを混ぜ合わせておきます。片栗粉は同量の水で溶き、水溶き片栗粉にしておきます。

 

3フライパンを温め、ゴマ油を熱します。豚バラ肉を入れて中火で炒め、お肉に火が通ったら、一度お皿に取り出しておきます。

 

4フライパンに残った油で豆もやしを炒めます。火が通ってきたら、ニラを入れてさっと火を通します。

 

5お肉をフライパンに戻し、混ぜ合わせます。

 

6合わせダレを入れて全体を混ぜ合わせ、水溶き片栗粉を入れて、さっと混ぜたら火を止めます。

 

7丼にご飯をよそって、上からかけて出来上がり。

 

既製の辛味噌を使ってさらに時短!当店オリジナル「辛辛味噌」をお試しください!

 

作り方のポイントは?

 

豚バラ肉の脂が、野菜にからんでなんとも言えない旨味を引き出してくれる料理です。豚バラ肉は5ミリくらいの厚切りのものを使うと、ガッツリとお肉の旨味を味わうことができます。最初に焦げ目がつくくらい、よく焼いておくと、香ばしさも増して美味しくなります。反対に薄切り肉だと、すぐに焦げてしまうので、さっと火を通す程度で止めておきます。調味料類は先に混ぜておくと、調理の際に手間取りません。お肉の下味もビニール袋の中ですると、手も汚れなくて済みます。

 

辛味噌あんかけで食欲増進

 

辛味噌は素材の旨味を引き立て、食欲を増進させてくれる万能調味料です。あんかけご飯にすると、タレとご飯がからまって、旨味をそっくり閉じ込めて喉を通っていきます。ガッツリと肉の旨味を味わうことのできる豚バラ肉とスタミナ野菜のレシピをご紹介しましたが、お肉や野菜を他のものに変えても美味しく作ることができます。

 

 

【小ロットから対応可能】調味料のOEM生産なら

大阪かわち家公式HP

大阪かわち家

大阪かわち家では、調味料のOEM生産を小ロットから承っております。納得のいくオリジナル調味料を開発していただくためのサンプル品の提案から、商品開発後の販売サポートまで行なっております。また、自社の原料を使用した「辛辛味噌」などオリジナル商品の販売もしています。調味料の事なら何でもご相談ください。

オリジナルの調味料の製造

 

 


Top