2017.12.10

おつまみにおすすめの牛ホルモンの辛味噌炒めのレシピを紹介します!

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4311899

おつまみにおすすめの牛ホルモンの辛味噌炒めのレシピを紹介します!

 

 

レシピ検討所要時間:3分

 

こってりしていて美味しいおつまみが食べたいときには牛ホルモンの辛味炒めをおすすめします。特別な材料は必要ではないですし簡単に作ることができます。ここでは、レシピだけでなく食材の栄養素やその健康、美容効果についても紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

さまざまな栄養素が入っています!

 

牛ホルモンの辛味噌炒めを紹介します。ホルモン炒めというと白ホルモンを使うことが多いですが、ここではシマ腸を使用します。シマチョウは美味しい脂がたくさんついていてとても美味しいのです。焼いたらより脂がどんどん出ますので、普通のホルモン炒めとは一風変わったおつまみとして楽しむことができます。ただ、ホルモンは昔は食べずに捨てていましたから、栄養が本当にあるのか不思議に思う人もいます。実はそれは大きな誤解でホルモンには鉄、亜鉛、銅などのミネラルが豊富に含まれています。

 

夏場は汗と一緒に体内のミネラルがどんどん体外に出てしまいますので、ホルモンは夏バテ対策になります。亜鉛は爪や髪の毛を美しく保つ美容効果も持っています。コラーゲンも摂取することができるので、肌にハリやツヤが生まれますし、肌のターンオーバーも促進して皮膚が若々しくなります。それから、ビタミンもたくさん含有されていて、特にビタミンB12は貧血を防止したり、たんぱく質の合成を促進してくれます。このようにさまざまな栄養素が入っていますが、生肉よりも脂肪が少なくて低カロリーなので太ることは懸念する必要はありません。辛味噌が使われているのでイソフラボンもたっぷりと摂ることができます。女性ホルモンが活発化してバストアップや美肌効果も期待できるのは女性には嬉しい効果です。

 

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4311899

材料と作り方を紹介します!

 

牛ホルモンの辛味噌炒め(1人前)を作るのに必要な材料は次の通りです。シマ腸180g、万能味噌大2、一味 少々、胡麻油 小1/2です。まずはシマ腸を一口サイズに切っていきます。それから湯煎して余計な脂分を取り除きます。次にフライパンにカットされたシマ腸と万能味噌を入れて炒めていきます。シマ腸と万能味噌が良い感じに馴染んでくれば、一味を少々入れて最後に胡麻油を垂らせば完成です。調理する上でのポイントとしては、脂が苦手な人は下ゆでをしっかりとすることです。また、辛い味が好きな人は一味だけでなく豆板醤も一緒に入れることです。さらに、たまねぎなどの野菜も炒めるとよりヘルシーになります。女性にとっても男性にとっても美味しく食べられるレシピです。

 

使うだけでプロの味!?本格辛味噌なら当店オリジナル「辛辛味噌」をお試しください!

 

まとめ

 

牛ホルモンの辛味噌炒めのレシピは簡単ですので、料理が苦手な人でも容易に作ることができます。健康増進効果ばかりでなく美容効果も期待することができますし、低カロリーなのでダイエット期間中の人にもおすすめです。ぜひ興味がある人は作ってみましょう。

 

 

 

【小ロットから対応可能】調味料のOEM生産なら

大阪かわち家公式HP

大阪かわち家

大阪かわち家では、調味料のOEM生産を小ロットから承っております。納得のいくオリジナル調味料を開発していただくためのサンプル品の提案から、商品開発後の販売サポートまで行なっております。また、自社の原料を使用した「辛辛味噌」などオリジナル商品の販売もしています。調味料の事なら何でもご相談ください。

オリジナルの調味料の製造

 

 


Top