2017.12.09

【時短レシピ】豆乳とひき肉の担々風辛味噌フライパン鍋レシピ

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4145974

【時短レシピ】豆乳とひき肉の担々風辛味噌フライパン鍋レシピ

 

 

レシピ検討所要時間:3分

 

ひき肉を使った担々風の辛味噌鍋レシピです。辛味噌とゴマの風味が食欲をそそります。大豆が原料の味噌と豆乳を使っており、女性に嬉しいイソフラボンがたっぷり摂れます。さらに、イソフラボンとゴマを同時に摂取することで骨粗鬆症予防効果や、イソフラボンとカプサイシンの相乗効果による血行促進も期待できます。

 

材料と時短ポイント

 

材料(2人分)

豚ひき肉150g

ニラ一束

キャベツ1/4玉

しめじ1/2パック

生姜・にんにく各1片

練りゴマ大さじ1(練りゴマがなければピーナツバターで代用しても美味しいです)

酒・みりん大さじ2

辛味噌大さじ1/2~お好み

赤味噌大さじ2

豆乳・だし汁各1/2カップ

 

時短ポイント

生姜とにんにくはチューブ入りのものを使用することでカットにかかる時間を短縮できます。チューブ入りのものを使用する際の目安量は約1cmです。材料の野菜はお好みです。ま他、紹介する材料ではニラ、キャベツ、しめじを記載していますが、市販のカット野菜を利用したり、もやしとキャベツなど手でちぎれる素材を使えば、包丁とまな板を使用する必要がなくなるのでカットにかかる時間と道具を洗う時間を短縮できます。

 

時短してもプロの味!?本格辛味噌なら当店オリジナル「辛辛味噌」をお試しください!

 

画像参照元:https://cookpad.com/recipe/4145974

作り方

 

1. にんにくと生姜はみじん切りにします。

 

2. キャベツはざく切り、ニラは3cm幅にカット、しめじは石づきを除いておきます。

 

3. 酒、みりん、辛味噌、赤味噌、練りゴマを混ぜ合わせておきます。

 

4. フライパンにごま油を入れ、油が冷たいうちに1のにんにくと生姜を加えて弱火で香りが出るまで炒めます。

 

5. 香りがたったら中火にし、豚ひき肉を加えて豚肉の色が白っぽく変わるまで炒めます。

 

6. 3の合わせ調味料を加えて軽く炒めます。

 

7. 6.に豆乳とだし汁を加えて表面がふつふつとしてきたらキャベツ、ニラ、しめじを加えて蓋をし、中火で5分ほど煮込みます。

 

野菜が柔らかくなったら、塩で味を調整して好みで白ゴマを振って完成です。

 

トータルで15分ほどで完成する時短レシピで、身体を温める食材がたくさん入った寒い季節にぴったりのレシピです。

 

美味しく仕上げるコツとポイント

 

1. にんにくと生姜は油が冷たいうちに加えてゆっくりと温めることで焦げつきを防ぎ、香りを引き出します。

2. 酒、みりん、辛味噌、赤味噌、練りゴマをあらかじめ混ぜ合わせておくことでダマになることを防ぎます。さらに、煮込む前にフライパンで油と熱することにより辛味噌の風味とゴマの香りを引き出します。

3. 豆乳は甘みのついていない無調整豆乳がオススメです。

 

まとめ

 

1. にんにくと生姜は油が冷たいうちに加えてゆっくりと温めることで焦げつきを防ぎ、香りを引き出します。

2. 酒、みりん、辛味噌、赤味噌、練りゴマをあらかじめ混ぜ合わせておくことでダマになることを防ぎます。さらに、煮込む前にフライパンで油と熱することにより辛味噌の風味とゴマの香りを引き出します。

3. 豆乳は甘みのついていない無調整豆乳がオススメです。

 

 

【小ロットから対応可能】調味料のOEM生産なら

大阪かわち家公式HP

大阪かわち家

大阪かわち家では、調味料のOEM生産を小ロットから承っております。納得のいくオリジナル調味料を開発していただくためのサンプル品の提案から、商品開発後の販売サポートまで行なっております。また、自社の原料を使用した「辛辛味噌」などオリジナル商品の販売もしています。調味料の事なら何でもご相談ください。

オリジナルの調味料の製造

 

 


Top